フットケアマニュアル

リフレクソロジーとは

 

 

リフレクソロジー(Reflexology)とは 反射療法とも呼ばれ、主に足の裏(手の平等を含む場合もある) の特定部位を押せば体の特定部位に変化が起こる現象を活用し 疲労の改善などをはかる療法である。足つぼ指圧といえば 昔はバラエティ番組に登場する単なる罰ゲームでした。 しかし最近の健康ブームの影響もあり、一躍有名になりました。 温泉や銭湯ではマッサージチェアーの横に足つぼマッサージ器が 並び街中でも足つぼマッサージサロンが急増しています。 足の裏は「第2の心臓」と呼ばれ、全身のつぼが集まっている ことで知られています。足つぼの具合で体の悪い部分を調べる ことも足つぼマッサージや指圧で回復を促すこともできます。

 

style="display:block"
data-ad-format="fluid"
data-ad-layout="image-side"
data-ad-layout-key="-fe+66+3e-j7+na"
data-ad-client="ca-pub-4458805047968390"
data-ad-slot="9161398098">

 

足つぼマッサージは、正式には反射区療法と言います。 足のつぼは体中の各部に反射的な繋がりがあるとされており その反射区を刺激して体中の疾患を治療する療法です。 ヨーロッパの国々では医療として科学的に証明されており ドイツやオーストリアなど保険の対象になる国も多くあります。 それでいて家庭で簡単にできるところも魅力です 反射区療法を英語でリフレクソロジーと言います。 日本人は英語が好きなので、足つぼマッサージを リフレクソロジーと呼ぶお店が多いようですね。 ちなみに足つぼマッサージのプロをリフレクソロジストと 呼びます。名称の由来は、REFLEX(反射)と OLOGY(学や論の意味を表す名詞を作る接尾語)を合わせた 造語であるとの説が有力。利用者側からは日常の会話では 短縮形で「リフレ」と呼ばれることもある。 リフレクソロジー普及初期には「足裏マッサージ」 とも呼ばれていた。