足ツボについて

足ツボとは

 

 

足裏は第2の心臓と呼ばれています。 人にはツボ(経穴)が現在WHO認定(1989年) は361穴(内単穴52)名称で361、 位置では679。国際経穴学会では670穴。 となっています。つぼは経穴と言います。 関連する経穴を連結したものを経絡 と言います。重要な神経・血管・筋走行上 に位置したり体性-内臓反射等で医学的関連 があり、現在ではWHOにおいても治療効果 が認められています。医学、漢方医学的説明 では、経穴は「気と血」のエネルギーの 通り道であるといわれる経絡上にあって、 気血が出入りし、経絡が合流したり分枝 したりする経絡状の重要なところである。 一般的にはツボと呼ばれ、また 「穴(けつ)」とも呼ばれるように、 熟練した鍼灸師が触診すると、微細な 陥凹部としてとらえられる。 鍼灸で診断や施術をする重要な部位である。 禁鍼穴・禁灸穴と呼ばれる、 施術が禁止されている経穴もある。

 

style="display:block"
data-ad-format="fluid"
data-ad-layout="image-side"
data-ad-layout-key="-fe+66+3e-j7+na"
data-ad-client="ca-pub-4458805047968390"
data-ad-slot="9161398098">

 

足ツボは正式には足底反射区と いいましてツボではありません。 見る資料によって場所や範囲が違うため 学問としてしっかり体系化されているか 疑問が残るところです。 まぁ民間療法の一種としてお考えください。 合谷や三里が有名なツボですが、図で 表すときは点です。反射区のように大きな 範囲では絶対表しません。なぜ “足ツボ” と言われるようになったのか分かりませんが、 これは全くの別物です。 ツボは正式名称を経穴といい、WHOでも 認証されています。経穴には流れがあり、 その流れを結んだものを経絡と言います。 それらを全て図面化したものを 経絡経穴図といいます。経絡経穴図を 見ていただければ分かると思いますが、 足裏は実は湧泉という経穴が一つあるだけです (その他正式な流れから外れるものはあります)